FC2ブログ

アイ・シー・アイデザイン研究所|大阪

デザイン・設計から試作、製造までものづくり支援する、売れる仕組み作りを総合プロデュースするICIデザイン研究所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラピッドプロトタイピング・RPの種類

製品開発において、試作品(prototype)を高速(rapid)に製造する技術をラピットプロトタイピングと呼び、3次元CADデータから直接製造します。ラピットプロトタイピング(RP)には下のように様々な方法があります。

光造形法
液体の光硬化樹脂にレーザー光線や紫外線を3次元に走査入射し、層状に樹脂を硬化、積層してモデルを作る方法

粉末焼結造形法
粉末の樹脂を原材料にし、高出力のレーザー光線で熱し固める方法。レーザーをあてて、層状に焼き固める。プラスチック、金属などの粉末が使用できる

熱溶融堆積法
加熱して溶かした樹脂を細いノズルの先から押し出し、樹脂を積み重ねながらつくる方法

紙積層法

紙を切り抜いて積み重ねることで、モデルを作る方法。スライスデータに沿って紙を切り抜き接着剤を使って熱を加えながら押し付け積層させる。木材の代わりに用いることもある

粉末固着法
インクジェットプリンターのように微少な接着剤を粉に吹き掛けながらモデルを作成する方法

一般的に普及している方法は、光造形法(ステレオ・ソリグラフィー)です。
上に記載したRPの方法には、造形方法ごと、また造形機メーカーごとに特徴があり、使用目的にあわせて造形方法を選ぶ事が求められます。
対応できる素材も現在は増え、当初のスタンダードタイプから改良されたABSライク、ポリエチレンライク、ポリプロピレンライク、ゴムライクなど様々なグレードのものがあり、製品テスト用としても利用できるようになりました。

144-4401_IMG.jpg
また、今は、造形と同時に色をつけることのできるRPも登場しています。
強度(落としたりしたら割れます)はありませんが、イメージモデルとして利用するなら十分対応可能になりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://icidesign.blog59.fc2.com/tb.php/73-8616fe20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。